少額裁判
少額・簡易な裁判などを行います。

このようなことで、お困りではありませんか?

代金の支払いが滞っている。裁判書類を作成したい。

少額裁判とは...

訴訟の目的の価格が140万円以下の事案(以下、「少額事件」と言います。)に関して、弁護士と同様に、示談交渉・裁判を代理人として行うことができます。
多くの司法書士の事務所は、示談交渉・裁判と言えば、債務整理・過払い事件を中心に扱うところが 殆どですが、当事務所では、中心業務の1つとして、それ以外の少額事件に関する示談交渉・裁判にも対応しています。

主な取扱事例

賃貸借関係

敷金返還請求や建物明渡し、家賃の増額(減額)交渉等

労働問題関係

未払給与や残業代請求、パワハラ・セクハラ等

消費者問題関係

悪質商法、インターネットトラブル、クーリング・オフ等

交通事故

物損事故、軽微な人身事故等

朝倉街道司法書士事務所は、市民に寄り添う診療所的な司法書士事務所を目指しています。
複雑な案件・高額な案件につきましては、弁護士をご紹介することも出来ますので、
先ずはお気軽にご相談いただければと思います。

このページのトップに戻る

お問い合わせフォームはこちら